ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

カレンダー

2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ホーム > さつま路のお茶ができるまで

さつま路のお茶ができるまで

ここでは、さつま路のお茶の摘採から製造、保管までの流れを簡単にご紹介します。

知覧町全景

お茶農家さんの広大な茶畑で、4月頃に摘採が行なわれます。
ここでは、その広大なお茶畑の様子を少しだけご紹介します。

知覧町01 知覧町02
知覧町03 知覧町04
知覧町05 知覧町06

摘採

大型の乗用型摘採機を使用してどんどん摘採を行ないます。

大型乗用型摘採機

工場での製造工程

1. 生葉の管理

お茶の葉は生きています。
摘み取られたお茶の葉に風を送り、蒸れないように大事に扱います。

生葉の管理01 生葉の管理02

2. 蒸し

お茶の葉に蒸気をあてます。こうすることで、酸化酵素の活性化を止める・青臭さをとる・葉を柔らかくするなどの効果が得られます。

蒸し01 蒸し02

3. 葉打ち・4. 粗揉(そじゅう)

お茶の葉を揉みながら水分をとばします。

葉打ち 粗揉

5. 揉捻

水分を均一にします。

 揉捻

6. 中揉

均一になった茶葉をさらに揉みながら水分をとばします。

中揉

7. 精揉

乾かしながらお茶の葉を伸ばしていきます。ここではじめてお茶の形作りに入ります。

精揉01 精揉02

8. 乾燥

最終的に均一に乾燥させます。

乾燥01 乾燥02

9. 出荷

これらの製造工程を経て、ようやく農家より出荷が可能となります。

出荷から保管まで

1. 茶市場

茶市場

鹿児島のお茶市場には、かごしま茶流通センター(ちゃぴおん)があります。

2. 農家から茶市場へ

農家から茶市場へ

農家さんから出荷されたお茶は、一時的にこのような巨大倉庫で保管されます。

3. 入札風景

入札風景

皆さん真剣なまなざしで、新茶と向き合います。
ここで、さつま路としてふさわしいか否かを判定します。

4. 保管

保管

ほとんどの原料が、-5℃~25℃で保管されます。

コマーシャル動画

再生する
このページの先頭へ